まずはこれをやろう!トランペット初心者練習方法!

まず何から練習すればいいの?

トランペットといえば、かっこいい音色で大人気の花形楽器ですよね。

一方で、かっこよさに憧れて始めてみたのは良いものの、どんな練習をすれば良いのかわからないという方は多いです。

そこで、トランペット初心者がまずすべき練習方法についてまとめました。

結論から言うと、初心者がまず練習するべきは、ロングトーンとリップスラーです。

正しい音程で綺麗な音を出す=ロングトーン

ロングトーンはその名のとおり、同じ音を伸ばし続ける練習です。

一見すると地味な練習ですが、実は一番大事な練習です。

ロングトーンを続けることで、その音の正しい音程が耳に刻まれ、いつ吹いても正しい音程が保てるようになれます。

また、段々音色もとても綺麗になっていきます。

注意点は、正しい音程で吹くようにすることです。初めはチューナーを使って合わせるようにしましょう。

音域を広げよう!=リップスラー

始めてすぐは、吹ける音域がとても狭いです。もっと高い音を出したい、そんな時にすべき練習がリップスラーです。

リップスラーは、運指を変えずに唇と息を使って音を変えるものです。特に高音が必要とされることが多いジャズトランペッターは、リップスラーの練習を欠かしません。まずは自分の出しやすい音域で、3度のリップスラーからはじめると良いでしょう。

もちろん、音階など他の練習も欠かさずに!

いかがでしたでしょうか。まずは、上記2つの練習を重点的にやりましょう。

ただし、この練習だけやっていれば必ず上手くなるというものではありません。

音階やタンギング練習なども欠かさずに行うようにしましょう。

煌びやかな音色が特徴のトランペットは、金管楽器のひとつです。ファンファーレの演奏など華やかなシーンでも活躍します。

Share if you like!

Read more?